極小の針穴しか開かない美容整形手術法の普及

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

美容

ビル

極小の針穴しか開かない美容整形手術法の普及

近年の美容整形は、とにかくメスをいかにして使わないか、という方向で進化しています。
二重まぶたを形作る手術でも、ほとんどメスを使いません。
その他、シワの除去でもわざわざ顔の皮膚を切除する必要性は薄れてきました。
針を使った手法が便利になってきているからですね。
二重まぶたを作るときには、糸で止めることになるのですが、その糸を通す穴があればそれで大丈夫です。
穴は、針を使って開けていきます。
極小の穴なので、しっかりと見なければわからないレベルの傷しか残らないわけです。
シワ除去もヒアルロン酸注入だけで終わります。
これも注射ですから、針穴が開くだけで、大きな傷跡は残りません。
その他、エラを削る手術ですら、メスを使う必要がなくなってきています。
これも、穴を開けてそこから細い器具を差し込み、骨を削っていくだけで済むのです。
こうした治療法の進化が、今の美容整形のブームに繋がっていることは間違いがないでしょう。

ビル